木のストロー「ウッドストロープロジェクト」

Wood Straw Project 

ウッドストロープロジェクトは、環境ジャーナリストの竹田 有里さんが、平成30年7月豪雨の被災地を取材した際に発案した
「木のストロー」の製品化に向け、アキュラホームとザ・キャピトルホテル 東急が賛同して始動したプロジェクトです。

本ストローは、森林保全のために国内の間伐材を含む国産材を原材料としています。アキュラホームにて企画・開発、ザ・キャピトルホテル 東急にて製品化へ向けた監修を担い、3社にて幾度となく協議・試作を重ね製品化に至りました。また、木のストローを広めることで、間伐材の利用を促進し、持続的な森林保全と、廃プラ問題の解決による環境保全の一助となればと考えています。

The Wood Straw Project was first conceptualized after environmental journalist Yuri Takeda visited the July 2018 monsoon stricken disaster area in western Japan. With the collaboration and agreement between Aqura Homes and The Capitol Hotel Tokyu, the Wood Straw Project was officially started in Fall 2018.

Aqura Homes managed the planning, and development of the straws while The Capitol Hotel Tokyu developed the merchandising and application strategy to get this product market ready. With the promotion and implementation and of The Wood Straw, we plan to raise awareness of using sustainable wood from forest thinning methods to protect the forests while doing our part to solve the consumer plastics problem currently threatening all environments in the world.

木のストロー
木のストロー
 

きっかけ

Project Beginnings

  • 環境ジャーナリスト 竹田 有里さんが、西日本豪雨についての取材を行った際、間伐が適切に実施されないことで、森林の水源かん養機能の低下が起きている事実を知り、大きな問題と危機を感じた

    After reporting on the monsoon in West Japan, Environmental Journalist Yuri Takeda saw first-hand the problem of not taking care of the forests.

  • ストローの脱プラスチックの問題を受け、木のストローがつくれないかと考えた
    The idea of The Wood Straw was born after we thought about using wooden straws to replace the current plastic straws.

  • 海洋におけるマイクロプラスチック問題が顕在化していた
    We could then also start tackling the micro-plastic problem in our oceans too.

 
木のストロー

竹田 有里

世界各地の海面上昇による浸食被害や干ばつ被害、大気汚染などの現状を密着したドキュメンタリー番組「環境クライシス」(フジテレビ)などを制作。

※取材地:
インド、モンゴル、モルディブ、オーストラリア 他

 

開発に至るまで
Development Process

木のストロー

社長の宮沢が入社式で鉋掛けをする様子

木のストロー

これまでの試作品

始めは木に穴を開けるなどして、試行錯誤しましたが、木材を薄く削る“鉋掛け”をヒントに木のストローの開発に成功しました。

After failing our first attempt to create the straw by drilling a hole in a block of wood, we found success from the “Kanna” technique of shaving wood into thin slices and rolling it up to become the wood straw.


木のストローのコンセプト

The Wood Straw Concepts

木のストロー

木のストローの効果 (EFFECT)

  • プラスチックストローの削減 (Plastic straw reduction)

  • 間伐材含む国産材の活用促進
    (Raise awareness of using Japanese Wood and forest thinning methods)

  • 減災に寄与 (Prevents disasters)

 
木のストロー

木のストローの特徴 (CHARACTERISTICS)

  • 五感で楽しむ (Enjoy with all senses)

  • 長さ/太さ/樹種変更が可能 (Adjustable length, thickness, and type)

  • 軽い (lightweight)

  • 木ならではの高級感 (Luxurious wooden material)

 

今後の展開
Our next steps

  • 地産地消
    Use local materials

  • 障がい者‧シルバー人材雇用への発展、自立支援
    Hire special needs and senior works to increase local jobs.

  • 住宅の廃材利用の検討
    Currently looking to possibly use wood from demolished homes or extra wood from new homes.

  • 環境循環型に向けての検討
    Building towards a fully sustainable system for a better environment.